日本の文芸
 海外の文芸
 絵本とこどものほん
 アート・デザイン
 その他
 月刊&雑誌えほん
 人形たちの本と絵本
 ドイツの本
 手芸の本
 創元推理文庫

 




 こどもの四季
¥1,500 売り切れ 

著者:加太こうじ
挿絵:滝 平二郎
発行:河出書房新社
1972年11月15日 初版発行
193p

大正7年生まれ、紙芝居作家として、また、風俗や大衆の歴史など様々な分野で著者を残した加太こうじと、大正10年生まれ、切り絵作家の滝平二郎。この二人の出会いによって生まれた、大正から昭和初期にかけての日本の子供の遊びや生活を描いた本書。春夏秋冬、季節の移ろいにのせて紹介される「あの頃の子供」。花いちもんめ、ほうずき、竹馬、地蔵盆…。お使い、サーカス、薬売り…。それらへの説明の文章の隣に、小さな文字で添えられた加太自身による解説が味わい深い一冊。日本人すべてにとって懐かしくも遠い日。加太&滝平の絶妙のコンビネーションによる名作です。


○経年による相応のくたびれはみられますが、おおむねきれいな状態です。
○表紙に若干のたわみが見られますが、大きいものではありません。

 以上をご了承のうえお買い上げ下さい。



Copyright(c) 2001-2012 BOOKSREPUBLIC All rights reserved.