日本の文芸
 海外の文芸
 絵本とこどものほん
 アート・デザイン
 その他
 月刊&雑誌えほん
 人形たちの本と絵本
 ドイツの本
 手芸の本
 創元推理文庫

 




 しあわせなちょうちょう
¥1,500 売り切れ 

文:ユルギェレビチョーバ
絵:グラビアンスキー
訳:内田莉莎子
発行:学研
1968年発行(何刷りめかは不明)
188mm × 230mm / 97p
ハードカバー(ダストジャケットなし)


小さな女の子ハーニャと近所のお年寄りの絵描きさんは大の仲良し。ある日、ハーニャの誕生日に「しあわせな絵をちょうだい」と言われた絵描きさんは、一匹の美しい蝶々を描くのですが…。老画家と彼に命を与えられた蝶々の会話が面白く、「幸せとは?」というどこか哲学的な問答にも発展しているような雰囲気。そこにグラビアンスキーの美しい絵とコラージュが加わり、魅力的な児童文学になっています。学研の「新しい世界の幼年童話」シリーズのなかでもひときわ素敵な一冊です。


○後半のページにぽつぽつと小さなシミが見られる箇所があります。
○背の綴じが若干あまくなっている感じがします。
○それ以外は、経年による全体的なくたびれはみられますが、比較的きれいな状態で、
 本文を楽しむにはまったく問題はありません。

 以上をご了承のうえお買い上げ下さい。



Copyright(c) 2001-2012 BOOKSREPUBLIC All rights reserved.