日本の文芸
 海外の文芸
 絵本とこどものほん
 アート・デザイン
 その他
 月刊&雑誌えほん
 人形たちの本と絵本
 ドイツの本
 手芸の本
 創元推理文庫

 




 柿の木のある家
¥1,500  

作:壺井栄
絵:堀文子
発行:光文社
1955年12月25日9版発行
(初版:1954年7月25日)
135mm × 185mm
216p
ハードカバー(ダストジャケットあり)


柿の木のある家に産まれた双子の男の子。その子たちをめぐる家族と隣家のささやかな物語を描いた表題作ほか「坂道」「ともしび」「りんごの袋」の3篇が一冊におさめられています。小さな世界の中に確かに息づく大切な物語の魅力を伝える壺井栄の筆が、子ども達に暖かなまなざしを向けます。何度か書籍化された名作ですが、こちらは光文社版。堀文子による装幀と挿絵が実に愛らしく魅力的です。本の状態について詳細画面と下記の記述をよくご覧下さい。


○古い本のため、経年による劣化がところどころみられます。
○ダストジャケット上部に破れ、カスレが若干みられます。
○本文のあちらこちらに茶色いシミがあり、比較的目立つ箇所も多くあります。
 (詳細画面でお確かめ下さい)
○それ例外は、口絵の状態もよく、本文を読むには問題ありません。

 以上をご了承のうえお買い上げ下さい。



Copyright(c) 2001-2012 BOOKSREPUBLIC All rights reserved.