日本の文芸
 海外の文芸
 絵本とこどものほん
 アート・デザイン
 その他
 月刊&雑誌えほん
 人形たちの本と絵本
 ドイツの本
 手芸の本
 創元推理文庫

 




 るすばんねこ
¥1,000 売り切れ 

文:岡野薫子
絵:渡辺洋二
発行:あかね書房
1976年12月5日 第7刷発行
160mm × 225mm / 77p
ハードカバー(ダストジャケットなし)

誰もいない家。残された猫は何をする?どんな事が起こってる? そんな可愛らしい疑問から生まれた猫好きには何とも言えないお話です。お家の人が旅行でおでかけ。お留守番をまかされたタマのけなげな努力と小さな責任感が微笑ましい。渡辺洋二による猫の表情もたまらなく可愛らしく、お家のキッチンの風景なども、絵本のインテリアが好きな方にはぐっとくるはず。とにかく猫好きでなくとも360°愛くるしい一冊です。


○経年のため、全体的にくたびれが見られます。
 特に、本文および小口に小さい茶色いしみが見られますが、
 絵を楽しみ文を読むには支障はありません。

 以上をご了承のうえお買い上げ下さい。



Copyright(c) 2001-2012 BOOKSREPUBLIC All rights reserved.