日本の文芸
 海外の文芸
 絵本とこどものほん
 アート・デザイン
 その他
 月刊&雑誌えほん
 人形たちの本と絵本
 ドイツの本
 手芸の本
 創元推理文庫

 




 バックパッキング入門
¥3,000 売り切れ 

著者:芹沢一洋
発行:山と渓谷社
1976年4月20日第2版発行
(初版:1976年3月20日)
150mm×210mm / 364p
ソフトカバー / 帯つき


生活用の荷を負い山野を旅するアウトドアスポーツ、バックパッキング。その成り立ちから精神、道具の揃え方から実地の行動まで様々にこのスポーツを論じ読者に指南する入門書として、今もバイブル的に支持される一冊です。どのページも興味深いものですが、特に第一章「成り立ちと背景。バックパッカーの誕生」は、アメリカから始まったバックパッキングのスピリットを詳細に検証し、今の時代にも再び求めらるであろう内容。山、自然、それらを感じ思索すること。そういうものに触れたい人に、ある種の気品が伝わってくる書物です。小林泰彦のイラストもモノクロの写真とあいまってやはり素敵です。


○経年によるくたびれはみられますが、全体的に古書として比較的きれいな状態です。
○帯の一部に破れがみられます。

 以上をご了承のうえご注文下さい。



Copyright(c) 2001-2012 BOOKSREPUBLIC All rights reserved.