日本の文芸
 海外の文芸
 絵本とこどものほん
 アート・デザイン
 その他
 月刊&雑誌えほん
 人形たちの本と絵本
 ドイツの本
 手芸の本
 創元推理文庫

 




 おおきくなるの
 普及版こどものとも 85年5月号
¥1,500  

著者:堀内誠一
発行:福音館書店
1985年5月1日発行
(初版:1964年6月1日)
190mm x 264mm / 28P
中綴じ製本

わたしはみっつ、ちいさいときのくつしたもうはけない、おねえさんのぼうしまだぶかぶか…。小さな子が自分が大きくなってゆく実感を優しく見つめた堀内誠一による愛らしい名作絵本。自身の子どもが生まれ成長する様を見て作った、という作者本人の言葉からもわかるように、純粋に大きくなることを喜ぶ親と子ども自身の心が宿っている美しい一冊です。こちらは「普及版こどものとも」として85年に復刊された際の版です。


○折り込みふろく「絵本のたのしみ」(堀内誠一の談話掲載)つき
○本作は、64年に「こどものとも」として出されたものを85年に「普及版こどものとも」として
 再刊したものになります。後にハードカバー化もされましたが、現在はふたたび絶版です。
○古い雑誌えほんのため若干の変色はありますが、特にシミも折れもほころびもなく
 経年を考えるときれいな状態かと思われます。

 以上をご了承のうえお買い上げ下さい。



Copyright(c) 2001-2012 BOOKSREPUBLIC All rights reserved.